芳香蒸留水の魅力

今日は、NARD JAPANアロマアドバイザーコースの Lesson4でした。
アドバイザーコースでは、 6種類のハーブウォーターを習います。

 アロマテラピーと言えば、 精油を思い浮かべる方も多いと思いますが、

 実はハーブウォーターも アロマテラピーに欠かせない アイテムの一つです。

 精油の副産物のように 言われることもあるのですが

どちらも素晴らしい魅力にあふれているもので

主とか、副とかのものではないのかもしれません。


どんな使い方ができるのか?について、

ワタシの使い方を例にご紹介してみましょう。


化粧品が合わなくて、 肌がざらざらと硬く荒れたときに

ラベンダーウォーターと ローズウォーターの混合水を作り、

危機を乗り越えたりして かなり重宝しています。


また、夏の汗をかく時期には、 制汗剤や市販の汗拭きシートを使うのは

カラダによくないと感じています。

ペパーミントウォーターと ラベンダーウォーターの混合を スプレーボトルに作り、

ジップ袋にペーパータオルを入れ 必要時にペーパーに噴霧して

汗を拭きとるようにし活用しています。


 他にも、いろいろ活用方法は あると思いますが、

 なんといっても、子供からお年寄りまで 精油に比べて比較的使いやすく、

 アロマクラフトをしなくても、 そのまま使えるというのが大きな魅力です。

そして、お値段も魅力の一つ。 精油に比べて、全般的にお手頃。

 ハーブウォーターは、精油の 副産物だなんて事はないというのは 知ってみて、実際使ってみて、

 きっと体感していただけるはずです。

 まだ使ってみたことないという方、 ぜひ、お試ししてみませんか?


#NARDJAPAN  #鹿児島市のアロマスクール #アロマテラピー #アロマスクールミチュール 

#メディカルアロマ #アロマテラピー資格取得


アロマスクール&サロン ミチュール  @鹿児島

鹿児島市のアロマスクール ミチュールのサイトにようこそ! 毎日を懸命に生きていると、いつの間にか自分のことは後回しになって、 大事なことを忘れてしまうことがあります。 自然や植物からの贈り物に触れていると、肩の力がゆるみ、 本当に「大切にしたいこと」に気付かされることがあります。 自分を満たし、慈しむためのお手当て法として メディカルアロマテラピーを学んでみませんか?