さくらの仲間とその香り

今年はあっという間に桜が咲き、
お花見もできないうちに葉桜とい方もいらっしゃるのでは?
やはり、日本人は桜が好きですよね。


さて、桜は実はバラ科の植物だって ご存知ですか? 


アロマテラピーを知るようになって、
 植物の形態や香りなどももちろん気になりますが
植物の学名とかがかなり気になるようになっています。 
(Aromaセラピストあるあるかな?)

 桜のほかには 梅やアーモンド、桃も、杏子、梨も バラ科になります。
 「え~っ!」と思ってみたり、 「そういわれれば」と思ってみたり。
 面白いです。
 というのもバラの種類によっては 野ばらとか、モッコウバラとか確かに、
 お花の形が似ているような気がします。
 そして、香りの成分はどうなのでしょうか?

 桜餅の葉や桜茶の花には 「クマリン」という成分があり、
独特の香りで 桜の香りというと、これだねっという感じを
 皆さんも思い浮かべると思います。
 この成分はシナモンやトンカマメなどにも 含まれています。
 クマリンの構造式↓ 



じ~っとみているとなんかカワイイ気がします。


 桜の生の葉では、この香りはしませんが
塩につけることでこの香りがするようになります。
 梅も、同じ科目の植物だから もしかして?と思い、
師匠に尋ねると 「花を塩漬けにして蒸留することで、 香りが出てくる」と、
教わりました。
梅も桜も日本人になじみの植物。
いつか、梅の花を蒸留出来たらいいなあ~ と密かに思っています。

桜の花の香り成分はクマリンのほかに
ベンズアルデヒド
 β-フェニルエチルアルコール
アニスアルデヒド があります。
 
ベンズアルデヒドは アーモンドやバニラなどに 含まれる
杏仁豆腐のような甘い香り

 β-フェニルエチルアルコールは バラの主成分で 甘くて深い優雅な香り

アニスアルデヒドは スパイスのアニスやフェンネルなどに
含まれるマイルドな甘い香り

そして、桃の実にもクマリンが 含まれているらしく、
 同じ成分が含まれていても 香りの印象は全く異なりますね。

 いつもは、きれいだねと眺めて あっという間に過ぎ去る桜の花の季節。

 こんな感じで違った見方をしても 楽しみが膨らみますね。  

#鹿児島市 #NARDJAPAN  #鹿児島市のアロマスクール #アロマテラピー 
#アロマスクールミチュール #メディカルアロマ #アロマテラピー資格取得

アロマスクール&サロン ミチュール  @鹿児島

鹿児島市のアロマスクール ミチュールのサイトにようこそ! 毎日を懸命に生きていると、いつの間にか自分のことは後回しになって、 大事なことを忘れてしまうことがあります。 自然や植物からの贈り物に触れていると、肩の力がゆるみ、 本当に「大切にしたいこと」に気付かされることがあります。 自分を満たし、慈しむためのお手当て法として メディカルアロマテラピーを学んでみませんか?