鍛えることができる感覚~アロマテラピーの可能性

皆さんは、五感の一つである嗅覚の力は 衰えていませんか? 
嗅覚も、加齢と共に落ちると言われています。
管理人、みちゅる。は、そろそろそこら辺を気を付けたい お年ごろです。
 
視力や、聴覚は老化により衰えてくると 自覚することができますが
嗅覚は、老化による機能低下を 自覚しにくいのです。
 そう、いつの間にか気が付かないうちに 生活に支障を及ぼしているのです。
 例えば、 香りを感じないと、 食事がおいしくない。
   試しに鼻をつまんで食べ物を 食べてみてください。 味がしないのです。 

味覚は、嗅覚と つながっていることがわかります。
 そして、食べる楽しみがなくなるばかりでなく 食べ物が傷んでいるのか
どうかがわからなくなるのです。
(訪問看護師をしていて、特に夏場は これは危険と感じています。)

 食事がおいしくないと、 食欲もなくなり、栄養不足と活動量低下で 筋力も低下してきます。
そして、覇気がなくなり、 社会参加が少なくなるということが 起こりやすくなる。
そうなんです。
嗅覚の力が落ちると 生活の質が、著しく低下するのです。

実は、 嗅覚の細胞である嗅細胞は 終生変性と再生をくりかえす細胞です。
 意識して、どんどん香りを嗅いで、 「これは○○の香り。」と認識する。
これを繰り返すだけで 回復する可能性があるのなら、 今のうちに香りを嗅ぐ力を維持するために

訓練をしておくのもよいのでは?と 思っています。
自分の体験からも、 「嗅覚は鍛えられる」と実感しています。
 細胞の力をよみがえらせ、 再生するのに役立つ 嗅覚を鍛える療法としても、
アロマテラピーは役立つんじゃないかと 信じています。
 未来の自分のために楽しみながら いつからでもはじめられますね。

#鹿児島市 #アロマスクール  #NARDJAPAN 

アロマスクール&サロン ミチュール  @鹿児島

鹿児島市のアロマスクール ミチュールのサイトにようこそ! 毎日を懸命に生きていると、いつの間にか自分のことは後回しになって、 大事なことを忘れてしまうことがあります。 自然や植物からの贈り物に触れていると、肩の力がゆるみ、 本当に「大切にしたいこと」に気付かされることがあります。 自分を満たし、慈しむためのお手当て法として アロマテラピーを学んでみませんか?